大人ニキビの対策法

思春期をとうに過ぎ、顔ににきびができてしまう。それを見た他人が「それは吹き出物だ」と言い、「いいえ、これはニキビよ」と言い返す。両者一歩も譲らぬまま険悪に…。たかがニキビとはいえ、本人にとっては大問題です。

さて、そんな成人になってからもできる大人ニキビ、どうしてできてしますのでしょう。そして、そのときお肌には何が起きているのでしょう。

内的外的要因によりストレスがかかる。ここから始まります。そして肌のターンオーバーがうまくいかなくなる→古い角質や溜まった汚れが毛穴を塞ぐ→毛穴つまりをそのままにしておく→白ニキビができる→さらに放置すると炎症を起こす恐れもでてきます。

ならばストレスをかからないようにすればいいんだ。そういうことになりますが現実的には、ストレスを全くかけないなんて無理ですよね。顔は毎日鏡で見るので、大人ニキビがあるとすごく気になる。気になるとついつい触ってしまう。つぶしたくなる。

それに大人ニキビはしつこい!だめとは分かっていてもついついやめられない…そんなあなたには、フェイシャルエステがおすすめです。大人ニキビ対策コースを利用すれば今までの悪循環から抜け出す一歩となるでしょう。

料金もとても手頃です。特に初回は、ぐっとお値打ち価格で、トライアルというサロンがほとんどなので、複数のサロンを試してから自分にあった所に決めるといいですね。

具体的な施術はもちろんのこと、専門スタッフさんによるケアはとても気持ちがよく、リラックスできてストレス解消にもなります。危険な自己流ケアを卒業して、サロンを利用してみましょう。

マッサージで顔やせ

ダイエットをがんばっていても、顔を見て「やせたね」と言われるのは、だいたい5kgくらいやせたときじゃないでしょうか?残念ながら、1~2kgやせたくらいでは、全く気付かれないことがほとんどです。

でも5kg健康的に体重を落とすのは結構大変ですね。体重を落とさなくても顔やせできる方法があるならば試さない手はないですね。その方法があります。何かと言うと…マッサージです!マッサージの効果はあなどれません。

それも自分の手を使うより人にやってもらう方が断然おすすめです。肩もみなどもそうですが、人の手がやっぱり気持ちがいいですね。ただ、お顔の場合、顔やせしたいから揉んでよ、とはなかなか友達にも頼みづらいものです。

安心して気兼ねなくお願いできるのは、やはりエステサロンのエステシャンですね。近頃は、フェイシャルエステの中で、顔やせのためのコースがあるエステサロンが多いですし、ハンドマッサージが組み込まれているところが大多数です。

つぼを心得たリズミカルなフェイシャルマッサージは、細胞に働きかけてむくみを取り、血行も良くしてくれるので、顔やせに効果てきめんなはずです。ハンドマッサージだけではなく、専用機器を使うサロンもあります。

マッサージすることによって、お肌の再生能力も向上しますので、見違えるほどいきいきとしてくると思います。顔やせプラス、すっきり若々しく見えるでしょう。ダイエットをしていなくても「やせた?」と言われてしまうかもしれません。

タラソテラピーのガイド

アロマテラピーなどでよく耳にするセラピーという言葉ですが、癒しの分野や医療の領域などでも時々耳にしているのではないでしょうか。ここ数年で、随分私たちにとって身近なものになったように感じます。

この、テラピーという言葉は、日本語に訳すと“療法”という意味になります。ストレスの多い現代社会において、癒しは今や必要不可欠なものになってきていますね。

ところで、タラソテラピーという言葉は聞いたことがありますか?エステティックサロンでよく聞くと思いますが、タラソテラピーはギリシア語の“海”を使用した造語です。

名前からのイメージ通り、海のものを使用したこのテラピーは海のミネラル分を取り込むことで、美容効果をもたらします。さらにタラソテラピーは香りにも要注目です。海のナチュラルで深くさわやかな香りはリラックス効果も期待できるのです。

タラソパックとして、フェイシャルエステサロン等で使われているパックは、お肌の細胞をいきいきとさせることができますので、美肌や顔やせの効果も期待できます。また、乾燥肌の方にもおすすめです。なぜならば、海洋成分は保湿の効果も大きいからです。

タラソパックと一口に言ってもエステサロンによって独自のものを使っていることが多いので、例えば、ハーブを混ぜ込んで香りに個性を出すなどと、それぞれに実に様々な特色があるようです。

その日の気分や、お肌の調子を考えて選べるなんて素敵ですね。自然のめぐみをたっぷりと含んだタラソテラピー、是非利用してみて下さい。

小顔エステ

かつては、8頭身が理想なんて言われていたようですね。時は流れ、最近では9頭身のアイドル美女軍団が登場したり、日本人のモデルさんでも9頭身はめずらしくなくなってきたようです。8~9頭身とはいかないまでも、やはり小顔には憧れますね。

街中でふっと自分の全身が映った姿を見たり、写真を撮ったときなどに改めて思うのですが、顔の大きさで全体のバランスの印象が大きく左右されるように感じます。「顔ちっちゃーい!」一度でいいから言われてみたいですね。

めざせ小顔を謳った美顔器はだいぶ世の中に浸透してきたようです。実はエステもフェイシャルエステが人気の上位に常に入っているのです。全身と違って着替える必要もないですし、想像しているよりずっと気軽にできそうですね。

さて、実際に小顔エステに行ってみよう、と思ってもどこへ行っていいのやらと考えてしまいますね。エステで重要になってくるのが、施術者の技術です。口コミや知人友人の紹介もすごく参考になります。自分でインターネットなどを使って探す方法もありますね。いずれにせよ実際に体験してみるのが一番です。

小顔になるために、エステではどんなことをしてくれるのでしょう?
まずはカウンセリングをしてどんな施術が必要かをみていきます。ハンドマーサージ、パックなどを行い、それによって、たるんでしまった顔の筋肉をリフトアップして引き締めたり、余分なものを排出してむくみを取るなどの効果が期待できます。

自分でやるとなると大変ですが、エステに行けば座っているだけで小顔体験ができてしまいそうですね。

フォトフェイシャルで美肌効果

フォトフェイシャルという言葉をご存じでしょうか?フォトフェイシャルとは光を使った、最先端の施術のことを言います。ニキビ跡やシミをはじめとした様々な肌トラブルのための方法です。

顔全体に光を当てることによって肌の細胞レベルまで働きかけて、活性化させるのです。コラーゲンの生成も助けてくれます。メラニンなどをターゲットにピンポイントで効果を発揮しますので健康な肌の部分への負担が少なくてすみます。

そう聞いて、なんとなくレーザー治療を思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれませんが、全く別物です。フォトフェイシャルの場合痛みもほとんどありませんし、光も強力なものではありません。

そしてフォトフェイシャルの良いところは、顔全体が一度に施術できることです。さらに、シミ、毛穴など複数の異なる肌のトラブルへ一度で働きかけることができます。施術後すぐにメイクすることも可能ですので、忙しいかたにもぜひおススメしたいスキンケアですね。

フォトフェイシャルが受けられるのは皮膚科やクリニックなどの医療機関で、フォトフェイシャル協会に加盟しているところではロゴマークが掲げられているとのこと。エステサロンでも同様の名称や光フェイシャル、スーパーフェイシャルなどの名称で施術を行っています。

この2つの違いは使う機器の出力で、エステサロンのほうが出力が少し弱くなるようです。ですが値段は安く、さらにマッサージも込みの所が多いようです。どちらもそれぞれにいいところがあるのでどちらを選ぶか迷うところですね。