しみの種類を知って対策を!

しみにも種類があるって知っていましたか?ほくろより色が薄くて、大小様々の点を「しみ」と多くの人はひとくくりにしがちなのですが、実はしみにはさまざまな種類があるのです。

しみは種類によって原因も異なります。おそらく一番よく知られているのが、おばあちゃんの顔や体にある斑点に代表される老人性のものですね。老人性といってもおばあちゃんになる遥か手前でできる人がほとんどで、これは、若いうちにどれだけ紫外線を浴びてきたかがポイントになります。

それから、ニキビ跡などから色素がお肌にたまってしまいそのまま、しみとなってしまうパターンもあります。ここ何年かで耳にするようになったりCMでみたりするようになった肝斑もしみの一つです。左右対称にでき易く、女性ホルモンが大きく影響しているようです。

また、急激なストレスを感じることによっても、しみはできるのです。本当に女性のお肌はデリケートですね。様々な要因で出来てしまったしみを自分の力で消すのは困難です。高い美容液を買ってみても効果がなかった、となるとショックも大きいですね。

労力とお金をかけたら、それなりの効果を期待するのが正直なところです。エステサロンのフェイシャルエステはその点、専門知識と経験をもったスペシャリストがサポートしてくれるので頼りになりますね。

一度限りの体験でも充分期待できますが、思い立ったらいい機会なので、定期的にエステサロンに通って、徹底的にしみを消し去ってしまいましょう。

Comments are closed.